社名変更のお知らせ(2月~)

Firestoreでサブコレクションにドキュメントを追加する方法

新たなドキュメント(データ)を作成し、サブコレクションに追加するためには以下のコードを実行します。

addDoc()で追加する

// roomsのドキュメントの深い層に、messagesというサブコレクションを持つ場合
// rooms
//   - document
//     - messages

// 変数を用意
const parentCollectionName = "rooms";
const parentDocId = "foo";
const subcollectionName = "messages";

// サブコレクションのレファレンス
const ref = collection(db, parentCollectionName, parentDocId, subcollectionName);

// addDoc()で追加する
await addDoc(ref, {
  content: "hello world",
  user_id: "foofoo"
});

レファレンスを作る時に、親ドキュメントのIDとサブコレクションの名前を入れる必要があるだけで、それ以外は普通にドキュメントを追加するときと全く同じです。

setDoc()で追加する

// 新たに追加するドキュメントのID
const newDocId = "foofoofoo";

// サブコレクションのレファレンス
const ref = collection(db, parentCollectionName, parentDocId, subcollectionName, newDocId);

// setDoc()で追加する
await setDoc(ref, {
  content: "hello world",
  user_id: "foofoo"
});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です