社名変更のお知らせ(2月~)

ChatGPTとの会話データを勝手にAIに学習させない方法

ChatGPTを利用すると、メッセージの履歴がサーバーに保存され、さらにAIの学習に利用されます。

業務で利用している人は企業にとって重要な情報をChatGPTに入力することもありますが、それがChatGPTに保存されてAI学習に利用されることは大問題です。情報流出と同じと考えるべきです。

そこで、ChatGPTのメッセージ履歴と学習への利用を停止する必要があります。

この記事では、その方法をご紹介します。

ログイン

まず、 https://chat.openai.com/auth/login へアクセスし、ChatGPTにログインします。

設定(Settings)を開く

次に、ページ左下部にある自分の名前をクリックします。

その後、「設定(Settings)」をクリックし、設定画面を開きます。

Data Controls -> Chat History & Training をオフにする

そして、「Data Controls」を探し、クリックします。

(スマホの場合には「Data Controls」の横の「Show」リンクをクリック)

すると、「Chat History & Training」の設定を切り替えるためのメニューが表示されます。

デフォルトでは、この設定はオンになっています。

この設定をオフにすると、新たな会話はAIモデルの学習に使用されなくなります。

また、新たな会話は履歴に保存されなくなります。

注意点

ただし、不適切な利用をOpenAIが監視するために全ての会話は30日間だけ保存され、その後永久に削除されます。

これはAIの学習に利用されるわけではありませんので、それほど心配する必要はありませんが、会社内の規定を確認する必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です