社名変更のお知らせ(2月~)

ChatGPTにログインできない場合の原因と対処法

ChatGPT ログイン画面

この記事では、ChatGPTにログインできない場合の原因と、対処法を解説します。

原因 1. メールアドレスが間違っている

登録したときのメールアドレスとは違いアドレスを入力してしまっている可能性があります。

対処法は、登録したときのメールアドレスを思い出して、それを入力することです。思いつく限りのメールアドレスを入力してみましょう。

原因 2. ログイン方法が間違っている

最初に会員登録したときの方法と違う方法でログインしようとしていませんか?

その場合「There is already a user with email」もしくは「Wrong authentication method」といったメッセージが表示されるはずです。

例えば、最初に「Continue with Google」で登録した場合、ログインも同じGoogleでのログインをおこなう必要があります。

対処法として、登録したときの認証方法を思い出して、その方法でログインしてください。

忘れてしまった場合には全ての方法で試してみてください。どれかでログインできるはずです。

以下の方法で一つずつ試してみてください。

  • メールアドレス + パスワード
  • 「Continue with Google」ボタン
  • 「Continue with Microsoft」ボタン
  • 「Continue with Apple」ボタン

(ただし、これらの操作はFirefoxでは上手くいかない可能性があります。ChromeやEdgeを使いましょう)

原因 3. ブラウザのキャッシュやクッキーが邪魔している

ブラウザのキャッシュやクッキー(Cookie)が邪魔をしてしまっている可能性があります。

対処法として、ブラウザのキャッシュとクッキーをクリア(削除)してみてください。

これにより古いセッションデータがクリアされ、フレッシュにした状態でサイトにアクセスできます。これを行う際には、ノートPCなどの環境をオススメします。

原因 4. ChatGPTのサーバーに障害が発生している

ChatGPTに障害が発生していないか、このページでチェックしてみてください。

サーバー等の問題の可能性があります。

この場合には、対処法はありません。

待つしかないのです。ただ、1時間も経過すれば大体解決していることが多いので、1時間程度待てば良いでしょう。

原因 5. Firefoxを使っている

Firefoxだとログインがうまくいかないことが稀にあるようですので、

ブラウザを変えて(ChromeかEdge)試しましょう。

原因 6. WiFiなどのネットの通信接続が悪い

WiFiなどのネット回線が重いと、正常に動作しないことがあります。

ChatGPTはネット接続が必須です。ネットの接続の状況を確認してみてください。

This user already exists」と表示される場合

これは、既に登録のプロセスは開始したものの、最後まで完了していない場合に表示されることが多いです。

その場合、新たに登録を試すのではなく、既存のアカウントでログインしてみてください。

Welcomeメールは受け取ったが、Verificationメールは受け取っていない場合

会員登録時のメール(件名にWelcomeを含む)を受け取っても、確認のメール(件名にVerificationを含む)を受け取っていない場合があります。

この場合、ChatGPTのログインページ で再度登録してみてください。

以上の手順でも解決しない場合

上記の手順を踏んでも「Something went wrong」や「Oops…」のエラーメッセージが表示される場合は、以下の方法を試してみてください。

  • シークレットブラウザでログインしてみてください。
  • 異なるブラウザ/PCからログインしてみてください。
  • 別のデバイス(ノートPC/タブレット/モバイル)を試してみてください。
  • 別のネットワーク(有線接続、自宅のWiFi、職場のWiFi、図書館/カフェのWiFiおよび/または携帯ネットワーク)を試してみてください。

これらの手順によってほとんどの問題は解決するはずです。

それでも解決しない場合は、ヘルプサイトでサポートに連絡しましょう。(英語必須ですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です