社名変更のお知らせ(2月~)

AI人材の募集に年収1億2600万円を提示も… スト中の俳優らと対立激化の恐れも?

 米動画配信大手ネットフリックスがAI(人工知能)の募集のため最大90万ドル(約1億2800万円)の年収を提示し、注目を集めている。ハリウッドでは俳優らが同社などを相手取り、待遇改善やAIの規制を求めてストライキを決行しており、両者の対立が激しくなる恐れもある。

 ネットフリックスが募集しているのはAI分野での経験が豊富で高い技術力を持つ人材。同社のウェブサイトによると、年収は30万〜90万ドルで、AI関連の戦略策定やサービスの開発を担う。

 AI人材を巡っては、米ウォルト・ディズニーも番組作成のコスト削減や品質改善に向け、最大約37万ドルの年収を提示している。

 ハリウッドでは全米映画俳優組合が7月に、全米脚本家組合が5月にストライキを開始。ストライキに参加している俳優の大半は年収3万ドル未満とされる。

 同じ業界においてここまで給与が異なると、更なる対立を呼ぶ恐れがあることが懸念される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です