社名変更のお知らせ(2月~)

Firebase Authの最終ログイン日時を取得してFirestoreに保存する

Firebase Authenticationには最終ログイン日時が保存されています。

ここでは、その最終ログイン日時を取得して、Firestoreに保存するコードを紹介します。

ポイント

  • 最終ログイン日時はuser.metadata.lastSignInTimeから取得すること
  • Firestoreに日時を格納するためにはTimestamp()を利用すること(詳細はドキュメント

コード

初期化する

import { getFirestore, doc, setDoc, Timestamp } from 'firebase/firestore';
import { initializeApp } from 'firebase/app';
import { getAuth, onAuthStateChanged } from 'firebase/auth';
import { FIREBASE_CONFIG } from 'env';

// Initialize Firebase
const app = initializeApp(FIREBASE_CONFIG);
const analytics = getAnalytics(app);
const db = getFirestore(app);

最終ログイン日時を取得する

// ユーザーおよび最終ログイン日時を取得する
const user = //省略。authStateChanged()等で取得
const lastLogin = user.metadata.lastSignInTime;

日時をFirestoreに格納する

// 最終ログイン日時をFirestoreのusersコレクションに格納する
const lastLoginTimeStamp = Timestamp.fromDate(new Date(lastLogin)); //FirestoreのためにTimestamp()を利用して整形する
const docRef = doc(db, 'users', "document_id");
setDoc(docRef, {
  last_login: lastLoginTimeStamp
});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です