社名変更のお知らせ(2月~)

Gmailで「このメールにはご注意ください」と黄色のメッセージが表示されてしまう問題の解決法

自社のメールを送るとGmailユーザーにこんなメッセージが表示されてしまう問題が発生しました。↓↓

この内容は、当社がGoogle Workspaceに加入しているからで、他の通常ユーザーには少し異なるメッセージが表示されます。多くの場合、以下の文言が表示されます。

このメールにはご注意ください Gmail では、このメールが本当に example. com から送信されたものであることを確認できませんでした。メールに含まれるリンクのクリックや添付ファイルのダウンロード、または返信に個人情報を記載することは避けてください。

※「example .com」の部分はあなたが利用しているメールアドレス。

このメッセージが表示される原因

これは送信者を認証できていない場合に表示されます。

具体的には、送信者が本当にそのメールアドレスの保有者かどうか確かめられない場合に表示されます。

たとえば、メールアドレスには「example.com」を利用しているにも関わらず、実際の送信元アドレスは「server.com」のようなサーバーのアドレスになってしまっている場合に多く起きます。

たとえば弊社の場合では、push.co.jp からメール送信しているのに、実際には0123.xserver.ne.jpというレンタルサーバーのアドレスが送信元になっていました。

別サーバーからメールが送信されること自体には問題はありませんが、その場合には追加で別の設定をしておかなければGmailの警告メッセージが表示されてしまう可能性があります。

その設定方法を紹介します。

解決策はDNSレコードの追加

DNSレコードとして「SPFレコード」というのを追加する必要があります。

サーバーやドメイン管理画面での設定が必要になります。制作会社に依頼している場合には、そちらに依頼することになります。

多くの場合、書き方が指定されています。以下の内容を見なくても良い可能性が高いです(初心者には難しいです)。


書き方はご利用のサーバーやドメインレジストラ、またはメール配信ツールによって異なります。
「SPFレコード OOサーバー」「SPFレコード XXドメイン」のように、あなたが利用しているサービス名でGoogle検索をしてみてください。

SPFレコードの書き方の基本

SPFレコードの基本の書き方としては、次のように書きます。

たとえば、ドメイン「example.co.jp」において、送信元IPアドレス「123.456.78.9」から送信されたメールを認証させたいときは、次のようなSPFレコードを追記します。

v=spf1  +ip4:123.456.78.9  –all

このSPFレコードを新たなDNSレコード追加によって実現します。それはサーバーかもしれないですし、ドメインレジストラかもしれません。管理方法によって異なります。

この記述を、利用したいメールアドレスのドメインのDNSレコードに追加してください。

様々な記述方法

IPアドレスで指定するパターン:

v=spf1 +ip4:123.456.78.9 –all

IPアドレス(v4)を指定するには、+ip4: と記述します。

※ 送信元のサーバーのIPアドレスが123.456.78.9の場合。この部分はご自身のものを記述してください。サーバー・メールサーバーのアドレスを指定するはずです。

IPアドレスではなく、ホスト名(ドメイン名)で指定するパターン:

v=spf1 a:0123.xserver.ne.jp -all
v=spf1 include:0123.xserver.ne.jp -all

ホスト名・ドメイン名で指定するには、a: や include: と記述してからその後ろにホスト名を記述します。

※ 送信元のサーバーのアドレスが0123.xserver.ne.jpの場合。この部分はご自身のものを記述してください。

複数のアドレスを指定したい場合:

v=spf1 include:0123.xserver.ne.jp include:4567.xserver.ne.jp -all

複数アドレスを指定したい場合にはスペースで区切って記述するだけです。複数レコードを作成するのではなく、このように1つのレコード(行)に記述します。

SPFレコード設定が正しいかチェックする方法

SPFレコードが正しく設定されているか確認するためには、次に紹介するような無料ツールを使う方法をオススメします。

・EASY DMARC SPF Record Check

https://easydmarc.com/tools/spf-lookup

・MAIL HARDENER SPF Validator

https://www.mailhardener.com/tools/spf-validator

どちらのサイトも入力欄に送信元ドメインを入力し、クリックすると結果がわかります。