社名変更のお知らせ(2月~)

Google広告で「会社名の要件」で審査落ちする原因

先日、当社ソフトウェア製品「LiveQ」の広告を配信しようとしたところ、初めは上手く回っていて数値も良かったのですが、途中から広告文が審査落ち(不承認)し、配信が止められてしまいました。

審査落ちの理由は「会社名の要件」のポリシーに反しているからだということでした。しかし、Google広告の日本語のドキュメントを見ても何も間違っていなさそうです。

ちなみに私の申請内容は以下でした。何度も色々なワードを入力して申請しました。

「LiveQ」(サービス名)
「株式会社プッシュ」
「プッシュ」
「Push, Inc.」

で、全て審査落ち。

そこでGoogle広告のサポートに問い合わせて聞いてみたので、記事にします。

原因はGoogleのミス

結論、Googleのミスというオチでした。しかし、「部署が違うので次に申請しても通るかわかりません」ということです。

部署違くても同じ会社なら話し合ってくれればいいのに、と私は思うのですが、Googleはそのような組織ではありません。

何度か再審査請求(判定に対して異議申し立てを行う)を行ったのですがそれもダメだったのですが、Googleサポートいわく「再審査請求してください」とのこと。

何十回もやれば通るのでしょうか。。。

そもそも「会社名の要件」とあるが翻訳ミス。「会社名」ではなく「ビジネス名」

翻訳がこの問題をややこしくしている部分です。Google関連のドキュメントやプロダクトは急速に進化しているからか、日本語版の翻訳がつねにイマイチです。

広告の管理画面では「会社名の要件」と書いてありますが、Googleのドキュメントページでは「ビジネス名の要件」と書いてあります。正しくはこちらの「ビジネス名の要件」なのです。

↓これです。これに則って申請すれば本来は通るはずです。

ビジネス名の要件
このポリシーは、ビジネス名フィールドが必要な広告フォーマットに適用されます。以下は許可されません。

赤い x マーク ドメイン、一般に知られている広告主様の名前、宣伝対象であるダウンロード可能なアプリのいずれにも該当しないビジネス名を使用すること

例(すべての例を網羅するものではありません): 一般的または地域名を使ったビジネス名(「横浜配管サービス」や「大阪タクシー」など)を使用すること。

赤い x マーク ビジネス名フィールドで宣伝文を使用すること

例(すべての例を網羅するものではありません): 「Acme シューズを購入」または「Acme ホームサービスでセール」

ビジネス名は多岐にわたるため、次については特別な考慮事項が設けられています。

ドメインベースのビジネス名: ドメイン名をビジネス名として使用できます。その際は、単語の間に適切なスペースを挿入します。たとえば、ドメインが「www.acmesolutions.com」であれば、広告の中で「Acme Solutions」というビジネス名が使えます。

販売パートナーおよび正規代理店: 商品またはサービスの正規の販売パートナーや代理店の場合は、適切な表現でそのことを示します。たとえば、名古屋で Acme 自動車を販売するディーラーであれば、「名古屋 Acme」というビジネス名を使うこともできます。
ビジネス名の要件

https://support.google.com/adspolicy/answer/6021546?hl=ja

正しいのは「ビジネス名」です。

つまり、会社名を入力するのではなく、商品名やサービスの名前を入力するのが正しいです。もちろんLPがコーポレートサイトなら会社名でOKなのだと思います。

なので、当社の今回の場合では「LiveQ」というサービス名が正しくて「株式会社プッシュ」はダメということになります。まあ、どっちも落とされたのですが。

解決策は再審査請求すること

ポリシーに反していないのに落ちるというのはやはり明らかにGoogle側のミスです。彼らは審査を自動化しているので、システムで落とされてしまっています。

ただし、何度も申請すればGoogle社内の手動部隊に届くと思われます。

そのため解決策は、根気よくひたすら再審査請求することです。

ちなみに再審査請求の状況や履歴をチェックすることができます。以下のURLにアクセスしてください。

https://ads.google.com/aw/policymanager/resubmit

何度再審査請求しても永遠に解決されない場合

何度も再審査請求しても永遠に解決されない場合はサポートにまた連絡してくれ、とのことでした。

社内で取り合ってくれるんでしょうか。なぜ今対応してくれないのかよくわかりませんが、このようなシステムの不具合的なものは何度かやればうまくいくことがありますから、再審査請求を根気よくやってみます。解決したらまた追記します。

【追記】2回目の再審査が通り、承認されました

再審査請求を2回おこなったら通りました。

私は「異議申し立て」をおこなったら審査が通りましたので、「異議申し立て」を送らないとダメなのかもしれません。おそらく異議申し立ての場合には、Google社内のスタッフが手動でチェックしてくれるのでしょう。

Google社員さん、ありがとうございました。