ページネーションのSEO対策ガイド【canonical, nofollow/noindex, robots.txt …どうする?】

ページネーションのSEO対策は、ちょっとややこしいです。また、大規模サイト出ない限り不要でしょう。WordPressブログであれば尚更。

ただ、もしあなたが大規模サイトを運営している、または、これから大規模にする予定があるのであれば、しっかりやっておいたほうが良いです。

私はメディアのSEOに関わってばかりいたのであまり気にしてなかったのですが、数万ページ以上つくると、「Googleがいかにクロールしてくれないか」に頭を悩ませます。とくにサイト立ち上げ初期。

これまでアプリなどでGoogleに徳を積んできて(サイテーションを積み重ねてきて)いる場合は、だいぶクロールも本気でやってくれるっぽいのですが、完全に新規立ち上げだとなかなか厳しいです。そこで、大規模サイトには必ずあるであろうページネーションを最適化して、余計なページをクロールさせないように設定するのは重要だと思うのです。

(ただ、ページネーションSEOのいちばんのリスクは「重複コンテンツだと判断されてしまうこと」ですが。)

https://www.oncrawl.com/technical-seo/pagination-and-seo/

👆この記事は、上記記事より転載・翻訳した内容がメインです。

ページネーションのSEO対策の打ち手リスト10個

1.

デフォルトで、(ある1つの記事/コンテンツをページ分割している場合は)Googleにインデックスさせてはいけません。

2.

コンテンツが濃い/長い場合だけ、Googleにインデックスさせてもよいでしょう。文字数で計算して、めちゃ濃いものは2ページともにインデックスさせるとか。

3.

必ず、分割されたページ(2ページ目以降)に、1ページ目に対する Canonical タグを入れましょう。

※canonicalタグ、ご存じない方はこちらを参考に:https://www.sakurasaku-labo.jp/blogs/canonical

4.

分割されたページ(2ページ目以降)へのリンクには全て nofollow を入れましょう。

5.

Search Consoleで、URLパラメータの設定をしましょう。

詳しくはferretの記事を。https://ferret-plus.com/1348

6.

canonicalタグ、nofollowタグを設定していますが、さらに次は Robots.txt を、分割されたページ(2ページ目以降)に追加してGoogleにクロールされないようにしましょう。(クロールバジェット節約のためにもなる)

※robots.txtについてはこちらのPLAN Bさんの記事を。https://service.plan-b.co.jp/blog/seo/4880/

7.

noindex , nofollow を分割されたページ(2ページ目以降)に入れましょう。

8.

もし分割されたページでもユニークで価値があるものについては、それだけ特別にindexさせるように設定しましょう。

9.

sitemap.xml に、絶対に分割されたページのURLを含めないようにしましょう。

10.

ページネーションは「次へ」だけが良いでしょう。

わざわざ2, 3, 4…. 10 みたいにリンクを作ってしまってページのオーソリティを分散させる必要はないですよね。

👆以上です。筆者としては、これらは全部守ったほうが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です